アマランサスの花言葉は不老不死

アマランサスといえば、知らない人はいないと思うのですが、スーパーフードという呼び方が一般的になる前から身体によいといわれていた雑穀で 軽米地方では江戸時代あたりには栽培していたといわれておりました。

アマランサス

雑穀にも花言葉があるということで、早速アマランサスの花言葉をネットで調べてみたところ「 粘り強い精神 心配ご無用 不老不死 粘り強さ 不死 不滅 変わり者 」とでてきました。

ただ、紐鶏頭(ひもけいとう)の花言葉だと出てくるんですね。この紐鶏頭というのがちょっとよくわからなかったです。アマランサスは背の高い品種なら2m程度まで背丈が伸び、実の部分も空高く伸びあがるように育ちます。紐鶏頭はネットで見ると垂れ下がったようになるようです。

雑穀も地域ごとに独自に進化した品種もありますが、紐鶏頭と、鶏頭が同じものを表すのだとすると、アマランサスの花言葉が 不老不死というのは非常に面白いなと思います。

軽米地方では大飢饉にあった際も、雑穀を食べ死者を出すことなく飢えを凌いだと聞いたこともあります。花言葉として出てきたワード( 粘り強い精神 心配ご無用 不老不死 粘り強さ 不死 不滅 変わり者 )には、自然と戦ってきた農家の方たちの生に対する思いがたくさん詰まっているように感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。