2020年3月31日 春

世間は新型コロナウィルス(Covid-19)の影響で毎日安心できない状況です。
岩手の片田舎にいると遠く離れた世界のことのように思えてしまいますが、お隣の八戸市でも感染者が確認され少しずつ緊張が高まっています。
農家の皆さんは、見渡す限りの畑や田んぼの中で、穏やかな太陽のしたで、時に風雨にさらされながら一人で黙々と作業をし春の準備を始めています。世の中がどんなに変わっていっても、こうした農家の方々の力で日本の食は支えられています。キラキラしていないし、グローバルでもないし、ICT、IOTなんかからも遠く離れた第一次産業ですが、秋に収穫し全国に実りを届けるために頑張っています。

先行き不安な春ですが、それぞれの立ち位置でできることを黙々と頑張って乗り越えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です